バイオレオロジーは医学やバイオメカニクス、医用工学の研究分野とも関連する境界領域の学問です。
活動
ホーム > 活動 > バイオレオロジー・リサーチ・フォーラムのお知らせ
バイオレオロジー・リサーチ・フォーラムのお知らせ

日本バイオレオロジー学会会員の皆様

  第34回バイオレオロジー・リサーチ・フォーラムを下記の通り開催致します。今回のテーマは「発生現象とバイオメカニクス」です。近年,発生現象に及ぼす力学的因子の影響に注目が集まっております。
  本フォーラムでは,発生現象と力学の関係の解明に精力的に取り組む新進気鋭の発生生物学者のお二人に,脳ならびに手足形成現象と力学の関係についてご紹介頂きます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

【第34回バイオレオロジー・リサーチ・フォーラム詳細】
主 催
日本バイオレオロジー学会
日 時

2018年6月16日(土) 16:00 〜 17:45

場 所

名古屋大学 大学院工学研究科 IB電子情報館※ 015講義室
 http://www.engg.nagoya-u.ac.jp/access/campusmap.html
  (名古屋市千種区不老町)
※名古屋市営地下鉄・名城線「名古屋大学」駅下車,3番出口手前「名大西地区連絡通路」出て目の前

テーマ
発生現象とバイオメカニクス
司 会
松本 健郎(名古屋大学)
講 演
1.16:00〜16:50
  脳の発生からみる上皮組織の折りたたみと管形成の力学制御
    鈴木 誠 (基礎生物学研究所・形態形成研究部門 助教)

2.16:55〜17:45
  発生過程における手足の3D形態形成のバイオメカニクス
    鈴木 孝幸 (名古屋大学・大学院生命農学研究科・動物科学専攻 准教授)
参加費
無料 (事前参加登録は必要ありません。)
  学会員で無い方の参加も歓迎します。
その他
第34回バイオレオロジー・リサーチ・フォーラム案内 ( PDF 98KB:PDF版)

  お問合せ先:バイオレオロジー・リサーチフォーラム事務局
東京大学医学系研究科システム生理学
E-mail: bme@m.u-tokyo.ac.jp


【現在企画されているフォーラム】

   


【過去のフォーラム】

  過去のバイオレオロジー・リサーチフォーラムについて


フォーラムで取り上げるご希望のテーマなど、この会に関するご意見がございましたら
山本希美子 東京大学医学系研究科システム生理学( bme@m.u-tokyo.ac.jp ) まで
ご連絡をいただけると幸いです。